オルビスユー 洗顔

【朗報】オルビスユーの洗顔はマジ神!洗顔で美肌になれる3つの理由

 

オルビスユーの洗顔ってどうなのかしら。

口コミ良いから使ってみようかな。
敏感肌でも使えるのかな。


 

こんな疑問に答えます。

 

今回の記事はこんな人にオススメ
  • オルビスユーの洗顔ってどんな効果があるのか?
  • オルビスユーの洗顔の口コミや評判がしりたい。
  • オルビルユーの洗顔の購入を迷っている。
  • 美肌効果が高い洗顔料をさがしていて、オルビスユーってどうなの?と色々みていた、
  • 美肌になれる洗顔料を探している。
  • 毛穴やニキビが対策の洗顔料が欲しい

 

この記事を書いている私はオルビスユーを朝晩使い込んで早8ヶ月経過しました。

 

30代半ばになり、肌不調を感じ、美容に詳しい友人に相談した所・・・

オルビスユー 洗顔

 

オルビスユー使ってみなよ!肌変わるよ!

とオススメされたのがきっかけで使うようになりました。
すくトライアルセットから使って始めたけど、想像以上によくてびっくり!!
周りから肌を褒められるようになりました。オルビスユーは公式で「見た目を変える」と謳っています。

 

最初は「うさんくさいな、本当かよ」なんて正直思ってたけど本当でした。

 


これが噂の"見た目を変える"化粧水

 

と、今回の話は、オルビスユーの洗顔の話。
オルビスユーの洗顔は美肌への近道とも言える位重要な役割をしています。

 

今回はオルビスユーの洗顔の全貌をこの記事にまとめました。

 

\詳しい詳細はこちら/

オルビスユー 洗顔(ウォッシュ)の全て

オルビスユー 洗顔オルビスユーのウオッシュの全てをここに書かせて頂きます。
まずは、このオルビスユーの洗顔料(ウオッシュ)。

 

こちらの価格は、1944円(税込)でなんと約3ヶ月分使える高コスパな洗顔料なんです。

オルビスユー 洗顔

 

意外とお財布に優しい価格ね!!

 

オルビスユー 洗顔 成分

自分の肌に合わない成分があるかチェックしましょう!こう見ても肌に刺激がある成分は入っていませんし、オルビスユー  洗顔は界面活性剤は入っていませんので、安心ポイントです。

【全成分表示】水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、ポリクオタニウム−7、ポリクオタニウム−39、BG、DPG、セルロースガム

 

オルビスユー 洗顔 毛穴がびっくりするらい綺麗に!!その3つ理由とは??

オルビスユーの洗顔ウオッシュは、モロッコ溶岩のクレイ(汚れを吸着する成分:ハイドロキャッチ)が配合されています。これはブースター効果(次に使う化粧水の浸透力を底上げする事)があり、オルビスユーには欠かせないんです。
オルビスユー 洗顔
皮脂や汚れをすっきり落とし、初めて使った初日から、化粧水の浸透がいつもと違う感覚がわかります。

 

洗顔しただけなのに、汚れを一掃する効果があるので肌のトーンがワントーン明るくなるんです。

 

皮脂や角質、毛穴のつまりや汚れをしっかり落として行かないと正常な肌の働きはしなくなってしまい、トラブルの原因に。正しい洗顔をしていく事が美肌の近道とも言えます、洗顔料って基礎化粧品の中で一番大事とも言える存在

 

しっかり皮脂も落とし、毛穴に詰まった皮脂も落としてくれるのに必要な皮脂は残してくれ、さらには次に使う化粧水の浸透も底上げされているので

 

  • 毛穴が綺麗になった
  • 毛穴が目立たなくなった
  • さっぱりしているのにしっとり
  • 肌色が明るくなった

などの声が多い人気の洗顔料なんです。

 

オルビスユーの洗顔料を使って美肌になれる3つのポイントはコレ!
  1. オルビスユーは肌汚れを一掃!
  2. 化粧水の浸透力も底上げ!肌にしっかり水分補給!
  3. 水分で満たされている肌は、シワやほうれい線もめだない、ハリ弾力ある美肌へ導く!!

 

※肌に合わなくても安心の全額返金保証付き※

 

 

オルビスユー 洗顔 使い方

オルビスユー 洗顔
使用目安は1cm。泡立てネットをしっかり濡らし、しっかり泡立ててから優しく円を書くように洗顔していきます。

 

顔全体をマッサージするように洗ったらぬるま湯でしっかり洗い流します。

 

オルビスユー 洗顔 マツエクでも使用OK?

オルビスユー 洗顔オルビスユーの洗顔は、マツエクをしていても問題なく使用できます。

 

オイル系の成分は一切入っていませんので、安心してご使用くださいね。私もマツエクしたまま半年位使用していますが、全く問題ありません。

 

オルビスユー 洗顔 口コミ

30代前半 女性
洗顔後、突っ張らない!そして潤い感があるので、急いで化粧水をぬらなきゃ!!という事がなくなりました。そして匂いもきにいっています。

 

泡立ちもとてもいいので、沢山ださなくてももこもこもちもち泡で洗う事ができます。
しばらくリピしていこうと思います。

30代後半 女性
洗顔後、他の洗顔料と何が違うんだろう??と買って使ってみましたが、とてもしっとりした洗い上がりなのに鼻の毛穴の汚れがしっかり落ちている所に感動。
洗顔では落ちなかった小鼻の小さな汚れが落ちました。
洗顔はこのままリピしていきます。

40代後半 女性
シミ・そばかすが気になって、他のメーカーの洗顔料を数年使用していましたが、使い終わったタイミングでオルビスユーの洗顔(ウオッシュ)を購入してみました。

 

朝晩使用を継続してまだ1週間ですが、とてもお気に入り。
少量で泡立ちがよくて、キメ細やかな泡に優しく包まれる感触がいい。
肌くすみも解消し、肌がぱっと明るくなって、さらには化粧のノリが良いです。

 

 

中にはこんな意見も・・オルビスユー洗顔(ウオッシュ)悪い口コミ

オルビスユー 洗顔

 

洗顔後かゆくなったわ。

私には合わないみたい・・。


オルビスユー 洗顔

 

オルビスユーの洗顔を使ったら、ヒリヒリするのよね・・・。

 

全体の一割程度こんな意見があります。
こんな

  • ヒリヒリする
  • 痒みがでた

という人は、肌に合わない可能性があるので、残念ですが使用はやめましょう。

 

いきなり普通サイズを購入するのはリスクがあるので、そのために初回お得に試せるトライアルセットがありますから、初回限定トライアルでまずは肌に合うか合わないかを確かめてみましょう。

 

 

※肌に合わなくても安心の全額返金保証付き※

 

 

オルビスユー 洗顔 乾燥肌でも使用できる?

オルビスユーの洗顔(ウオッシュ)は、乾燥肌や敏感肌でも問題なく使用可能です。

 

肌の余分な皮脂汚れは角質や角栓をすっきり洗い流してくれ、洗浄力が高いなんて思われがちな洗顔ですが、洗い上がりはさっぱりしているのに、しっとりしている洗顔料です。

 

肌刺激に弱い敏感肌の方にも安心して使用できる弱酸性の洗顔料です。

 

オルビスユー 洗顔 ニキビに効果はあるの?

オルビスユー 洗顔
オルビスユーの洗顔料は、ニキビ肌でも問題なく使用可能です。むしろ、過剰な皮脂は洗い流してくれ、必要な皮脂は残してくれる役割がある洗顔料なので、ニキビが抑制効果も期待できます。

 

ニキビの根本的な原因は過剰な皮脂分泌ですからね。
オルビスユーで過剰分泌された皮脂はすっきり洗い流してくれるので、ニキビでお悩みの方も一度使用してみてはいかがでしょうか。

 

【まとめ】美肌は洗顔から!肌具合が悪い人はオルビスユーの洗顔(ウオッシュ)を今すぐチェックするべし!

オルビスユー 洗顔
美肌は洗顔からとよく言いますが、洗顔がしっかりされていない肌に、高価な化粧水をつけたって何の良い効果なんてでるわけがありませんよね?

 

オルビスユーの洗顔(ウオッシュ)を使っていく事で、肌の汚れを一掃し次に使う化粧水の効果を底上げする効果があり、オルビスユーの3ステップの中で重要な役割なんです^^

 

そして次にオルビスユーの化粧水(ローション)を肌にのせていくと、肌にグイグイ水分が補給されていくのがすぐ実感できます。仕上がりの肌は、モチっと弾力があるマシュマロ肌へ生まれ変わります。

 

30代を分岐点で肌は乾燥しやすくなりほうれい線やシワ・毛穴が目立つようになります。
オルビスユー 洗顔
年齢にあった基礎化粧品でエイジングケアをしていくと、いつまでも若々しい肌をキープできます。今あなたが

  • 肌の調子が悪い
  • 保湿しても保湿しても乾燥する
  • 肌くすみが気になる
  • 毛穴が開く
  • ほうれい線やシワは目立つ

こんあ悩みがあれば肌脱水が原因です。オルビスユーは肌の水分停滞を解消し、自活保湿できる肌へ改善していくという新発想のエイジングライン。

 

まずはオルビスユーの洗顔を使ってみてはどうでしょうか?使った初回から肌の質が変わるので感動します。そして化粧水で保湿をしてみましょう。びっくりする位保湿力が高い化粧水ですから^^

 

そして最後にモイスチャー(保湿液)でしっかりさらに保湿します。

 

そして翌朝、肌の弾力といつもと違う肌に驚愕するはずです
そしてすぐ感じます。「使い続けたら肌は変わる」と。

 

まずはトライアルセットから使ってみてはどうでしょうか^^
詳しくは公式サイトで確認を!

 

 

※肌に合わなくても安心の全額返金保証付き※

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

このページの先頭へ戻る